注目キーワード

USBメモリーは危険がいっぱい!

便利なUSBメモリーやデジカメのメモリーカード

大きな記録容量を持ち、小さくて軽く持ち運びに便利なUSBメモリー(USBメモリースティック)やデジカメのSDカードなどのメモリーカードは、今やパソコンなどのデジタルデータ格納用記録媒体として必要不可欠なデバイスとなっています。USBメモリについては、最近では、ノベルティグッズや記念品としても配布や販売されることもあるなど、ますます手にする機会が増えています。
しかし、USBメモリやメモリーカード等を過信し過ぎて利用方法を誤ると、大損害を被るリスクを持ち合わせていること理解した上で、利用が必要です。

USBメモリーやデジカメのメモリーカードは消耗品

USBメモリやメモリーカードなどの寿命は3年からせいぜい5年!永久ではない!

USBメモリーやSDカードなどのメモリーカードにおいて一番誤解が多いことは、USBメモリやSDカードは、ハード・ディスクやフロッピー・ディスクのように機械的な駆動部や摩擦部が無いことから半永久的に使用できると思っている方が多いと思います。このような誤解から、大切なデータや写真や映像をUSBメモリやメモリーカードに保存して保管している方も多いかと思います。

しかし、USBメモリやメモリーカードなどは、内部に電子を蓄えることができ、そのために電源が無くてもデータを消さずに保存ができる仕組みになっています。しかし、頻繁に使用すると劣化が進み、電子が蓄えられなくなり、保存したデータが消失してしまいます。

また、書き込んだまま長期間そのまま放置したり、読み出すだけにしていると、データが自然に「蒸発」してしまいます。

逆に大量にデータを書き換えると、書き換え回数の限界に達して寿命が尽き、読み書きどちらも不能になってしまいます。

USBメモリやメモリーカードのパソコンからの取り外しは、必ず正規の方法で行いましょう。取り外し方を誤ったために、全てのデータが消えてしまうという可能性は非常に高いです。正規の方法を使わず外している方は、今すぐ改めることをオススメします。今まで、データ消失などのトラブルが起きなかったことが運がよかっただけで、次や明日に起こるかも知れません。実は、USBメモリやメモリーカードは、簡単に消えてしまう危険性を持っているということを忘れてはいけません。
残念ながら、正規の方法で取り外しを行っていたとしても、パソコンの不具合や取り外し時に静電気が発生したなどで、USBメモリやメモリーカードが読めなくなってしまうということも希に発生します。正直、USBメモリやメモリーカードに安全はないと言っても過言はありません。それだけ、実は壊れやすい物だと言うことを頭に入れて利用して下さい。

USBメモリやデジカメのメモリーカードなどは、長期保存には適さず、データを持ち運ぶための道具として割り切り、大切なデータは、信頼性の高い、固定的な記録媒体やクラウドへ記録しておくことをオススメします。

USBメモリがウィルスを拡散

ウィルス対策が不十分なネットカフェなどのパソコンに無防備なUSBメモリを挿入すると、それだけでUSBメモリにウィルスが侵入し、そのUSBメモリを職場や学校や自宅のパソコンに挿入すると、侵入したウィルスが実行され、さらに感染が拡大する恐れがあります。

感染後は、ウィルスが不正なサイトへアクセスをして別のウィルスをダウンロードしたり、ユーザーの個人情報を流出させたりして被害を拡大させる可能性があります。

自分のパソコンのウィルス対策は当然のことながら、USBメモリを使用するパソコンのウィルス対策がしっかりと行われているか確認の上の利用が必須です。

紛失などによるデータの消失、流出の危険性大

小さく持ち運びに優れているが故に、それが仇になるのか、データの紛失や流出といった事故が後を絶ちません。紛失によって、それを拾得したものがUSBメモリの中のデータを悪用、盗用する危険性が潜んでいます。最悪、ネットにアップされてしまい拡散され、回収不能に陥る危険性もあります。

大切なデータや写真はクラウドへ

USBメモリやメモリーカードが、いかにデリケートで長期保存や大切なデータや写真の保存には適さないことは、理解頂けましたでしょうか?

USBメモリやメモリーカードがダメなら、何が適しているかというと、DropboxやG-DriveやiCloudやOne Driveなどのクラウドへの保存をオススメします。普段はクラウドに保存しておき、必要なときだけクラウドからダウンロードして利用する、利用が終わったらクラウドへ同期や保存するという使い方をオススメします。クラウドの場合、最後に保存したデータだけでなく、その前やその前の前の前など前の状態のデータに戻したりもできて便利です。

筆者は、全てのデータや写真を、Dropboxと同期が掛かっているフォルダへ保存しています。どうしても必要なときだけ、USBメモリーに保存して持ち出す、持ち出した先で変更を行ったならば、帰ったときにはDropboxと同期の掛かったフォルダに変更したファイルをコピーすると言うことを行っています。デジカメの写真も、撮影して帰ったら必ずDropboxと同期の掛かったフォルダにコピーしSDカードなどのメモリーカードの中しか写真データがないという状態を極力作らないようにしています。こうしておくと、データや写真の消失や破損に備えとなるだけでなくパソコン買い換えなどによるデータの引っ越しも簡単に行えます(引っ越し先のパソコンに、Dropboxをインストールしアカウントを入力して同期を開始させるだけ!)ただし、全てのデータの保存には、無料版だけでは容量が足らなくなり、有料版の購入が必要となってくることが難点ですが、安全や便利性を考えると安いと思います。

USBメモリーやメモリーカードが読めなくなった場合の対処法

USBメモリーやメモリーカードが、読めなくなってしまった場合、焦らず対処すれば、データや写真などを読めなくなる前の状態で取り出せる可能性があります。

  1. 読めなくなってしまった場合、何も変更せずに、パソコンから取り出す(必ず、正規の方法で取り外す)
  2. パソコンが、フォーマットを要求してきても、フォーマットせずに取り外す
  3. FinalDATA(ファイナルデータ)や救出ファイル復元やデータリカバリー等のファイル復元ソフトを準備する(筆者は、ファイナルデータで、読めなくなってしまったときに使って、読めなくなる前の全てのデータを取り出すことに成功しました)
  4. ファイルの復元作業は、問題の起こったパソコンでなく、別のパソコンで必ず行うこと
  5. ファイル復元ソフトが読めなくなってしまったUSBメモリーやメモリーカードを認識しない時のみ、USBメモリーやメモリーカードのフォーマットをクイックフォーマットで行う(必ず、クイックフォーマットで行うこと、クイックフォーマットのチェックを外して通常フォーマットは絶対に行わないこと、通常フォーマットを行ってしまうと復元できる確率が下がります)

※1.2.がとても重要で、読めなくなってしまうトラブルが起きた場合、その後何も変更を加えず、トラブルが起こる直前の状態を保って、ファイル復元ソフトを利用するということが重要です。

※有料版のフィル復元ソフトの多くは、体験版で復活できるファイルの一覧を表示させることができるので、ファイル復元ソフトの購入が不安な方は、体験版で復活できるファイルを確認してからでもよいと思います。