注目キーワード

ソフトバンク通信障害の補償を語る詐欺メールに注意

2018年12月6日に、ソフトバンク回線で起きた大規模な通信障害に対して、SoftBankからは、未だ補償は行われておりません。現在、SoftBankは、補償を「未定」としていますが、このまま補償を一切行わない、ユーザーは泣き寝入り入りを強いられる可能性も高いです。

そんな中、未だ未定の状態に便乗し、ソフトバンクと偽り「通信障害の補償をする」と語る迷惑メールが多数出回っています。ソフトバンクは「当社はそのようなメールは送信していない、補償は未定」と言っています。この偽補償メールは、詐欺サイトなどへ誘導するURLが記載されていて、騙されて絶対にリンク先にアクセスしないように注意が必要です。

広告

詐欺メールの例

 

パターン1

SoftBankをご利用のお客さまへお知らせ

システム障害により一部メールが正常に配信されない状況が御座いました。
現在はすでに復旧しております。

その間にお預かりしていたメールのご確認は下記より行うことが出来ますので何卒宜しくお願い致します。

▼未受信メール確認
(URL)

 

 

パターン2

お詫び

通信障害について賠償のおしらせ
(URL)

パターン3

通信エラーに伴い払い戻し致します。

今月分の基本料金を補填させて頂く事について
(URL)

 

広告