注目キーワード

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)に潜む危険性と対策

2018年6月18日の大阪の大地震の発生を受けて、大手通信会社などが加盟する「無線LANビジネス推進連絡会」は、大阪府全域で災害時無料公衆Wi-Fi「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」を発動しました。

これによって、大阪府全域に設置された携帯キャリア各社などのWi-Fiスポットが無料開放され、誰でも無線LANが利用できるようになります。

使い方は簡単。Wi-Fiスポットの近くで携帯電話などのWi-FiをONにした後、ネットワーク名(SSID)「00000JAPAN」を選択するだけです。

なぜ「00000JAPAN」という名前なのか?

ゼロを5つ並べることで、スマホの設定画面などでリストの一番上に表示され、分かりやすく、視認性をよくするため、この名前になっているそうです。

「00000JAPAN」の危険性

しかし、これに乗じて、悪用する者が現れる危険性を心配します。

偽00000JAPANが出現し、個人情報を盗み出そうとする不届き者の出現を心配します。「00000JAPAN」は一般のフリーWi-Fiと同じように、強固なセキュリティはありません。偽00000JAPANは、非常時でなければ「00000JAPAN」は発動していないのですぐわかります。しかし、非常時に見分けることはできません。

偽00000JAPANから自分の個人情報を守る方法

  • 元々Wi-Fiスポットなど提供者がはっきりした場所の00000JAPANのみを使用すること、提供者のわからない00000JAPANへの接続は控えること
  • パソコンで接続する場合は、必ずファイル共有を切った状態やパブリックモードで接続すること
  • チャットなどの使用は、暗号化が行われているアプリで行うこと
  • ネットバンキングなど大切な情報については、SSLやVPNを使うこと
  • 安否確認や情報収集をメインのみの使用に留め、必要以上に使わないことが安全

「00000JAPAN」は災害時の情報収集や連絡手段などに役立つサービスです。ただし、使うときはフリーWi-Fiと同様に、十分な注意をしてください。
また正規の「00000JAPAN」が終了した後、誰かが勝手に公開している「00000JAPAN」に接続しないよう、スマホを自動的に接続する設定にしている人は気をつけて下さい。

関連リンク:00000JAPAN等により無料開放された無線LANの利用について(注意喚起)(総務省ページ)