注目キーワード

ワンクリック詐欺の手口

未だ根強く存在するワンクリック詐欺とは、『入場ボタンや認証ボタン、又はページを移動するだけで有料コンテンツに入会させられてしまう詐欺』のことを言います。

被害は主にアダルト、出会い系サイトが多いのですが最近では情報系のサイトや女性をダーゲットにしたショッピングサイトも出回ってきています。

ボタンやアドレスなどを『ワンクリック』するだけで入会させられてしまう事から『ワンクリック詐欺』と呼ばれるようになった手口です。

一昔流行った葉書による架空請求書にアクションをつけたインターネット版といったものでしょうか。

肝心なのは\30,000~\50,000円程度に料金を設定して後々泣き寝入りさせる金額を想定しています。

被害者は突然の事に驚きその回収方法の脅し文句に焦り料金を支払ってしまいます。オレオレ詐欺も同じです、相手をパニック状態に落とし思考回路を鈍らせ入金させます。

これは詐欺と呼ばれている手口だけに支払う必要がありません。インタネットには電子消費者契約法と言う法律があり、インターネットで契約を成立させるためには、電子消費者契約法による入会手続きを満たしていなければいけません。

インターネットで契約を成立させるためには、下記の内容を満たす必要があります

1
事業者は購入前の画面でその契約が有料であることを明示。またその契約に幾らの料金が必要かも明示する。
2
事業者は、申込みボタンを押した後に、有料契約を結ぶことの確認画面を設置し、契約に同意できない消費者のために、キャンセルできるようにする。
3
上記条件を満たした上で、契約が成立したことをお知らせするメールなどを消費者に送信した時点で、契約が成立。

上記の3つの条件を満たさないサイトとの契約は法的には無効となります。無視しておけば問題ありません 。これが有効で支払わなければいけなかったら大変な事になります・・・

もう一つワンクリック詐欺の特徴であるIPアドレスですが、IPアドレスによる個人の特定は不可能です。すべてのサイト管理者はアクセス元のIPアドレスを簡単に知る事ができます。

貴方がネット上でなんらかの犯罪を犯し警察が貴方の使っているプロバイダーへ情報開示を求めた場合、個人を特定する事ができますが、悪徳業者が貴方のIPアドレスをプロバイダーに情報を求める事はありません。

業者が連絡をした時点で業者自身が捕まりますからね・・・
ワンクリック詐欺は無視、放置するのが一番良い対策です。